あなたは今、

「カフェテインとプロテインって何が違うの…?」と疑問に思っていませんか?

カフェテインは、コーヒーとプロテインの良いところを集めた商品です。

カフェテインとプロテインはどっちが効果的なの?」と疑問を抱えている方は、参考にしてみてください!

\詳しい詳細はこちら/

プロテインにはどのような種類があるの?

ドラッグストアやスポーツショップといった場所では、たくさんのプロテインが販売されています。

「プロテインはボディビルダーが飲む飲み物」とイメージしている方はいますが、近年ではダイエットが目的で飲み始める女性も増えました。

フィットネストレーナのAYAさんがコラボしたサプリなんかも有名ですよね。



ここでは、市販されているプロテインの種類をいくつか紹介していきます。

フィットネストレーナーAYAさん監修の女性向けプロテインです。

高品質なタンパク質(WPI)が主成分で粉末が溶けやすいプロテインです。

味の種類が豊富で飽きずに飲み続けることができる

高校生でも知っている、日本で最も有名なプロテインです。

人工甘味料を感じない甘すぎない仕上がりが人気なプロテインです。

人工甘味料が不使用でタンパク質の含有量が多いプロテインです。

 

プロテインの選び方で迷っている方は、

  • タンパク質の含有量が多い
  • 値段が安くてコスパが良い
  • 味の種類が多い
  • 人工甘味料が使われていない

    といった点で比較してみてください。

    カフェテインとプロテインの違い

    カフェテインは、ダイエッターやトレーニーから高い評判を獲得している飲み物です。

    毎日コーヒーを飲むような感覚で、ダイエットやボディメイクをサポートしてくれます。

    プロテインとの大きな違いは3つあります。

    1. 主要成分
    2. 味(フレーバー)
    3. 価格

    コーヒーの成分が入っている

    ネットで人気のカフェテインは、コーヒーとプロテインが合体しています。

    実店舗で市販されているプロテインと違い、コーヒーの成分が入っているのが大きな特徴です。

    カフェテインに配合されているコーヒーの代表的な成分は【カフェイン】と【クロロゲン酸】で、それぞれの働きや効果を説明していきます。

    カフェインの効果
    • 脂肪の燃焼を上げるリパーゼを活性化する
    • 交感神経を刺激して食欲を抑制する
    • 運動の持続力を向上させる
    クロロゲン酸の効果
    • 糖質分解酵素の働きを抑えて食後に血糖値が上がるのを防ぐ
    • 肌や髪の毛の老化を引き起こす活性酸素を阻害する
    • 熱を作り出す褐色脂肪細胞を活性化する

    どちらの成分も、ダイエット効果を促すに当たって欠かせません。

    カフェテインはタンパク質の効果で筋肉をつけて基礎代謝量をアップできるだけではなく、脂肪の燃焼や蓄積に働きかけるコーヒーの成分を補給できるのが魅力的です。

    関連記事:カフェテインの配合成分の種類と働き

    \詳しい詳細はこちら/

    コーヒー味で飲みやすい

    カフェテイン

    市販のプロテインの味に満足できない方はかなり多いのではないでしょうか。

    プロテインは毎日飲み続ける健康補助食品ですので、味の良し悪しは重要ですよね。

    市販のプロテインと比較してみると、カフェテインはかなり飲みやすくなっています。

    カフェテインはコーヒー味のプロテインとも呼ぶべき製品で、美味しく飲みながらダイエットをサポートしてくれるのです。

    味が不味いダイエット食品を続けるのはストレスが溜まりやすく、下記のような弊害があります。

    • ホルモンバランスが崩れて痩せにくい体質になる
    • 脂肪の合成を促進させるホルモンの分泌量が増える
    • 血糖コントロールが乱れて空腹感を引き起こす

    精神的なストレスを抱えている人ほど太る原因になりやすいので、美味しいコーヒーを飲んでリラックスしながら痩せ体質を目指したい方は、カフェテインを飲んでみてください。

    関連記事:カフェテインの味はコーヒーに近い

    値段が高い

    市販のプロテインよりも美味しく飲んで効果的にダイエットを始めたいのであれば、ダイエットコーヒーのカフェテインが適しています。

    しかし、市販のプロテインと比較して値段が高いのがカフェテインのデメリットですね。

    製品によって違いがありますが、プロテインをドラッグストアやネット通販で購入すると平均して1㎏4,000円~5,000円程度の価格になっています。

    一方でコーヒーダイエットができるカフェテインは、定期便に加入しても150gで初回は1,980円、2回目以降は3,980円を支払わないといけません。

    価格1ヶ月費用
    カフェテイン3,980円

    初回は1,980円

    5,960円
    プロテイン約5,000円約5,000円

    「なるべく金銭的な負担をかけずにプロテインを飲みたい」と考えている方にとっては、カフェテインは不向きな製品です。

    トレーニングでバキバキの肉体を手に入れたい男性の場合は、カフェテインではなく市販の格安のプロテインを選ぶのは選択肢の一つです。

    気軽にトレーニングを始めた人は、カフェテインからスタートし、数ヶ月後にプロテインへ変更する方法が合理的です。

    \詳しい詳細はこちら/

    さいごに

    配合されている成分や1袋当たりの値段など、実店舗で販売されている市販のプロテインとネット通販限定のカフェテインには大きな違いがあります。

    「絶対に○○○の方が良い」と言い切ることはできないものの、楽しく体質改善を図ってダイエットに取り組みたい方にコーヒーをプラスしたカフェテインがおすすめです。

    市販のプロテインよりも料金が高い代わりに、配合成分や飲みやすさに拘っていますので、利用者の口コミや評価は下記のページでチェックしましょう。

    \詳しい詳細はこちら/
    おすすめの記事